Palette

ドッグボランティア仲間のunion


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その吠えは 何を言いたい?

過去記事にもありますように
C-barqに登録して 我が家の犬の行動分析をしたのですが このほど「吠え」に関するアンケート結果が出たとお知らせが来ていたので覗いてみることに・・・

ここです→Domestic Dog

ここのサイト文章を抜粋して簡単に整理してみました(注:本文を読まれることをお勧めします)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
bark(吠え)
音色の少ない音声であり、唸り声などと共に観察されます

woof(吠え)
音色を含む音声であり、また周波数特性も高くなります。飼い主から離れた場合や遊びたいのに遊べない、などの要求、葛藤行動に伴って観察されます。

Yelp(キャンキャン)
痛みを伴った際のYelp(キャンキャン)という泣き声で、子犬や小型犬に多く認められます

whimper(クンクンという高い声)
whine(クンクンのほうの低い声)
子犬に多く認められ、また成犬になってもある程度観察される
犬のいわゆるネオテニー(幼若形成)のために発現する声と考えられており、要求や不安などと関連性が高いと言われています。

moan(遠吠えに近い唸り声)、
遊びを要求する声にはこのwhine(クンクンのほうの低い声)とあわせてmoan(遠吠えに近い唸り声)、さらにはよく耳にするgrowl(低い唸り声)も遊びに誘う場合などにも聞くことができます。

音声的には同じ2種類
growl(低い唸り声)
警戒
snarl(唸り声)
歯を剥き出す行動が伴います


これまでの音声特性と吠えた状況によって、区分させる犬の吠え声のタイプを図3に示しました。
これらの実験結果から犬の吠え声は5つのカテゴリーに分類されます。

分類


さらに近年、この唸り声のタイプには最低でも3種類あり、人は聞き分けられないものの、犬はちゃんと聞き分けて、行動を変化させていることがわかりました。
実際の声が聞けます→10種類の吠え声


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、私達が使う『犬が吠えている様子を伝える言葉』は「吠える」「唸る」「鳴く」くらいの表現しかないですが、こんなに複雑に分類されるんですね。
(あ、個人的にはスピスピって言葉も使います )

おまけ 
画像はここから引用です

吠え


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Kei&Nin&Poku

Author:Kei&Nin&Poku

お申込み
「Palette譲渡会とは」をお読みになり
同意されるボランティアの方であれば
どなたでも参加できます
バナー作りました!
ご自由にお持ち帰り下さい


twitter
フォロー、お願いします♪
ボランティア団体様
    

    

    

    

    

    

    

   

   

   

   

   
ご協力リンク
ご支援頂いているフード屋さん♪
LONELY PET
里親募集情報、検索サイトです
ロンリーペット
ポチっと!
メールはこちら♪
お気軽にお問い合わせ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。