Palette

ドッグボランティア仲間のunion


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたたかいお話し

迷い犬 殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う
3月30日20時17分配信 毎日新聞

 山口県下関市の私立早鞆(はやとも)高校1年、冨田由実さん(16)が先月、車にはねられた犬を見つけた。犬には首輪があり、右の前脚を骨折していた。市の動物愛護管理センターに引き取られたが、飼い主が現れなければ殺処分になる運命。「何とか助けたい」。冨田さんは友人の手も借りてメールやチラシを配り、飼い主を捜した。飼い主が見つかったのは、殺処分のわずか5時間前だった。

 この犬は市内の女性が飼う雑種の「アイ」(3歳、雌)。2月27日夕、下関市幡生町の知人の家に遊びに行った冨田さんが、路上でけがをして鳴いているアイを見つけた。ひき逃げされたとみられる。動物愛護管理センターが犬を引き取りに来たが「飼い主や里親が現れなければ、約2週間後には殺処分される」と耳にした。

 あまりに無情な「宣告」。数日間、気の重い日が続いた。「なぜ人間は、ひき逃げなんてできるん。ひかれた犬をさらに殺すなんてできるん」。級友に思いをぶつけた。

 「ひいたのも人間。それなら助けることもできるんじゃない?」。冨田さんの思いに共鳴した級友らが次第に集まり、アイの飼い主捜しが始まった。

 「知っている人、『コメ』(返事)ください」。飼い主を捜すメールが、友人から友人へどんどん広がった。アイの写真を載せたチラシも100枚作り、骨折の治療費も募った。チラシを目にした市内の女性が「うちの犬では」とセンターに名乗り出たのは、タイムリミットの3月13日だった。

 飼い主の女性は「アイがいなくなって夜も眠れなかった。本当に感謝しています」と語っている。

 下関市では年間約400頭の犬が殺処分されている。センターは飼い主が見つからない犬や猫をホームページで公開し、譲渡会も開いているが、それでも殺処分は後を絶たないのが現実だ。「アイは助かったけれど、毎日多くの犬や猫が殺処分されると思うとつらい」と冨田さん。今度は、センターの里親捜し事業を紹介するチラシを作ろうと、友人たちと話し合っている。【尾垣和幸】



               
 
ふとした出会いから 芽生えた気持ち
一人の人間の純粋でまっすぐな気持ちが 多くの人を動かした

目の前にある失われかけた命に対して、自分は何ができるか
自分ならどうするかと 考えて行動に移した
そして それをきっかけに次に何ができるかも探し当てた
大きなことをしなくてもいい 自然発生的な気持ちから出た活動が
細く長く続きますように・・・


何かしたいが 何をしたらいいかわからない・・・という言葉を耳にすることがある
でも それは他人に教えてもらうことではないと思う
何をしたいのかを決めるのは自分 そのためには 実際現場に足を運ぶ
動物愛護センターの見学を申し込むのもよし、講習を受けてみるもよし
譲渡会に行ってみるもよし 動物関連のセミナーに行くもよし

そこで感じたこと 見たこと 聞いたことを自分なりに整理すれば
できることやしたいことが きっと見つかるはず




ブログランキングに参加してます ワンコの幸せ探しにポチっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : 里親探し    ジャンル : ペット

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Kei&Nin&Poku

Author:Kei&Nin&Poku

お申込み
「Palette譲渡会とは」をお読みになり
同意されるボランティアの方であれば
どなたでも参加できます
バナー作りました!
ご自由にお持ち帰り下さい


twitter
フォロー、お願いします♪
ボランティア団体様
    

    

    

    

    

    

    

   

   

   

   

   
ご協力リンク
ご支援頂いているフード屋さん♪
LONELY PET
里親募集情報、検索サイトです
ロンリーペット
ポチっと!
メールはこちら♪
お気軽にお問い合わせ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。