Palette

ドッグボランティア仲間のunion


あのドイツでペットショップが子犬販売

ドイツの最近の事情です
ペットショップ(生体販売)など存在しなかったはずですが
オープンしちゃいました!

今までそういうショップがなかったのは法律で禁止されていたのではなく、
ドイツ犬協会が自主規制をしていたからなんですね。

その協会から脱退すれば、簡単にできるわけです。
しかし、まぁ愛護関係者は黙っていませんよね
長年、ドイツは動物愛護先進国だったのですから。

日本も、欧米諸国に追いつけ、基準を見習え的な意見も飛び交っていたのだけど
あらあら、ドイツにしっかりしてもらわなければ、困りますよーーー
         わんわん7


Living With Dogsより

タブー破り「ペットショップで子犬販売」!
新聞を開くと、愛くるしい長毛ダックスフントの子犬の大きなカラー写真が目に飛び込んできた。しかし、子犬の手前にある数字は何だ? 799ユーロ?
「まさか!」
我が目を疑った。デュースブルクという町の、ある大型ペットショップが子犬を売り始めた、というニュースだったのだ。ドイツで生体販売が再開?---、ペットショップで子犬を売るなど、70年代のお話。現在ではタブー中のタブーではなかったか?
写真あり元記事を読む

仔犬見たさで店に行く人々
23頭の仔犬のうち、1週間で13頭の仔犬が売れたそうだ。
デュースブルクにある、この大型ペットショップ Zoo Zajac(ツォー・ザヤック)のオーナー、ザヤック氏がこれを売れ行き順調とみるのかどうかはわからない。しかし、本人は楽観的な態度を崩していない。少なくとも外から見るかぎりは。
テレビ番組のインタビューで質問者から、「あらゆる動物愛護団体が反対していますが」と言われても、仔犬販売を止めるよう抗議が続いている事実があっても、ザヤック氏は「買う人がいるのだから売るのさ」、「売ることは(法律で)許されているよ」と、涼しい顔だ。
写真あり元記事を読む


ちなみに8週齢規制は 8週以下は販売しちゃダメってんじゃなく
8週まで親と引き離しちゃダメってことだからね。

全然違うでしょーーー?
日本では、これを混同して話しが進んでないですかね?
あぶないあぶない!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

      
テーマ : 動物愛護    ジャンル : ペット

命でも何でもインターネットで買うのね

何でもかんでもインターネット
確かに便利です
お店を調べたり、資料を調べたり、地図や天気、オールマイティに生活のフォローをしてくれます

買い物もネットショッピングで ちゃちゃっと済ませることもできるしね

でも、個人的には身につけるものは ネットで買いません。
先日 友人と話してたんだけど、彼女は洋服でも靴でもバッグでも
その他、健康器具もネットで買うそうです。
すべて 満足のいくものだったかと聞くと サイズが合わず着ないものや
1~2回でお蔵入りしたものもあるよ とのこと。

わたしは 無理です
しつこいくらいに目で確かめないと 買えないタイプなんで。。。

でも、いるのね
買っちゃう人いるのね
ペット買っちゃう人いるのね

ペット(命)のネット販売反対です!
      アキタ犬

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PDFも見てみてね どっちもどっちって感じの苦情も。。。


国民生活センター「ペットのインターネット取引にみるトラブル」


「報告書本文(PDF)」
ペットのインターネット取引にみるトラブル PDFより
最初の文章だけ ちょこっと引用

ペット購入に関して販売を業とする者は、「動物の愛護及び管理に関する法律」(以下、「動物愛護管理法」)における動物取扱業者注1として、2006年6月より自治体への登録が義務付けられ、販売(契約)にあたっては、事前に動物の特性及び状態に関する情報について文書を交付して説明し、消費者に署名等による確認を行わせること等が課せられた。
このような動物取扱業の規制強化により、店舗でのペット購入に関するトラブルは、やや減少傾向にある。しかし、急速に普及してきたインターネット取引がペット購入の手段としても気軽に利用されるようになり、インターネット通販やインターネットオークション等のインターネット取引におけるペットのトラブルは、除々に増加する傾向にある。



*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 ペット購入に関して販売を業とする者は、「動物の愛護及び管理に関する法律」における動物取扱業者として、2006年6月より自治体への登録が義務付けられ、販売(契約)にあたっては、事前に動物の特性及び状態に関する情報について文書を交付して説明し、消費者に署名等による確認を行わせること等が課せられた。このような動物取扱業の規制強化により、店舗でのペット購入に関するトラブルは、やや減少傾向にある。しかし、急速に普及してきたインターネット取引がペット購入の手段としても気軽に利用されるようになり、インターネット通販やインターネットオークション等のインターネット取引におけるペットのトラブルは、徐々に増加する傾向にある。

 国民生活センターでは、ペット購入に関して、2007年6月に販売方法や購入後の売買約款の問題点などを中心に情報提供を行った。今回は視点を変えて、法改正の年次にあたることから、改正内容の検討に際し、参考資料のひとつとして、最近増えつつあるペットのインターネット取引におけるトラブルの傾向を分析し、消費者に対し情報提供を行うこととする。

主な相談事例
インターネットを通じて猫を購入したが、病気だった
インターネットで購入した子犬が空輸で送られてきたが、衰弱して死んでしまった
写真の子犬と顔が違い、可愛くなかった
犬を送る約束が守られず、連絡も取れない
血統証明書が送付されず、本当に柴犬かどうか不安


主な問題点
健康状態に関するトラブル
イメージ違い
事前の説明不足
一部で無登録業者が販売している
ペットや血統証明書が届かない
トラブルの解決が困難


消費者へのアドバイス
インターネットでの契約にはリスクがあるため、慎重に契約すること
インターネットの情報だけで購入を決めず、自分自身でよく確認すること
信頼できる事業者と取引を行うこと
ペットは生き物であることを十分に考慮し、安易な購入は避けること
消費生活センターに相談すること


情報提供先
消費者庁 消費者政策課
消費者委員会事務局
環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室
一般社団法人全国ペット協会
社団法人日本通信販売協会

「報告書本文(PDF)」ペットのインターネット取引にみるトラブル PDF


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



テーマ : 動物愛護    ジャンル : ペット

どうして?

『どうして?』犬を愛するすべての人へ
ジム・ウィリアムス/原作 石黒謙吾/著

2006年に発売された本です
すでに読まれた方も、あるいはどこかで目にしたことがある方も多いと思います
実際、わたしも数年前に 他のブログで紹介したことがあります。

全国どこででもでしょうが、地元でも飼いきれなくなった犬の相談が多く、なんともやりきれません。
もう少し早く相談してほしい、ギリギリになって逃げるように置いていくのは勘弁してください。

この話の中に出てくるペット不可の住まいに引っ越すから飼えなくなった、という理由で
手放す件は非常に多いと感じます。

100歩譲って、どうしても飼い続けられなくなったとしたら、
飼い主が責任を持って次の新しい飼い主を探す努力をして欲しいです。

どうして?



      どうして
ぼくがまだ子犬だった頃、あなたはぼくのかわいいしぐさを笑ってくれました。
あなたはぼくのことを「息子」と呼びました。
僕が靴や枕を噛んでしまったりしたけれど、あなたのベスト・フレンドになれました。
ぼくが何か悪いことをした時、あなたはぼく指さし「どうして?」と聞いたよね。
でもすぐに許してくれて、ぼくのおなかを優しく撫でてくれました。

あなたはとても忙しかったので、ぼくのしつけは思っていたより
長くかかったけど、なんとか一緒にやりとうしました。
昔一緒にベッドで寝、あなたの心の秘密に耳を傾けたり、
これほど幸せな人生はない、と信じていました。

一緒に散歩に出かけたり、ドライブに行ったり、アイスクリームを食べたり
(あなたはアイスは犬には悪いから、と言ってコーンしかくれなかったっけ?)。
ぼくは、あなたが会社からかえってくるのを日向ぼっこしながら待っていました。

少しずつあなたは会社で過ごす時間が長くなり、人間の親友を探しに出かけていきました。
わたしは辛抱強くあなたの帰りを待ち、落胆や失恋したあなたを癒め、
あなたが間違った選択をしても小言は言わず、いつもあなたが帰ってきたとき、
恋に落ちたときは共に大喜びして飛び跳ねるほどでした。

彼女、今ではあなたの妻、は「犬は人間ではない」と言います。
それでもぼくは彼女が来たときは歓迎し、彼女に親しもうと努力し、
彼女の言うことを聞きました。
ぼくはあなたが幸せだったからぼくも幸せでした。

それから赤ちゃんが生まれ、ぼくも一緒によろこびました。
ぼくは赤ちゃんのピンクの肌そして香りが大好きで、ぼくも彼らの世話をしたかった。
でもあなたと彼女はぼくが赤ちゃんたちを傷付けるのではないかと心配し、
ぼくはほとんどの時間を別の部屋か犬小屋で過ごすようになりました。

ぼくも本当に彼らを愛したかった。
でもぼくは「愛の囚人」になってしまいました。

あの子たちが成長するとぼくは彼らの友達になりました。
ぼくの毛につかまって立とうとしたり、ぼくの目に指を突っついたり、ぼくの耳をひっぱったり、
ぼくの鼻にキスをしてくれました。
ぼくはあの子たちの全てを愛し、あの子たちにさわられることに喜びを感じました。

なぜならあなたはもうほとんどぼくに触れてくれなくなっていたから。

そしてぼくは必要なら命をかけてもあの子たちを守ってもいいと思いました。
ぼくはあの子たちのベッドにもぐりこみ、彼らの心配事や夢に耳を傾け、あなたの帰ってくる
車の音を一緒に待ちわびました。

以前は誰かがあなたに「犬を飼っている?」と尋ねると、あなたは財布からぼくの写真を取り出し、
ぼくの話をしました。
でもこの数年は単に「飼ってるよ」言うだけで、話を変えてしまいました。
ぼくは「あなたの犬」から「単なる犬」へと変わり、あなたはぼくにかかる費用を不快に思うように
なっていきました。

そしてあなたは他の街で新しい仕事を見つけ、
ペットを飼ってはいけない住宅に引越すことになりました。
あなたは「家族」のための最良の選択をしたのかもしれないけれど、
昔ぼくがあなたの唯一の家族だった時代があったよね。

ぼくはドライブに連れて行ってもらえるのだと思い、ワクワクしました。
でも、着いたのが動物保護センターだとわかったときは、また悲しくなりました。
犬や猫、恐怖と不安の臭いがしました。あなたは書類を記入し、
「いい飼い主が見つかると思うよ」と言いました。

担当の人たちは物悲しげに肩をすくめました。
彼らは「血統書付き」でも中年の犬の現実を知っているのです。

子どもはぼくの首輪をつかんで離そうとしませんでしたが、あなたはその指を強引に引き離しました。
「お父さん、だめ!僕の犬と別れるのは嫌だ!」とあの子は叫びました。
ぼくはあの子のことが心配です。
あなたがたったいま息子に教えたことを・・・友情、忠誠心、愛や責任、
そして何よりも生命を尊重するということについて、あなたが息子に教えたことを・・・

あなたはぼくと目はあわせず、帰り際にぼくの頭を軽く撫で、
丁寧にぼくの首輪とリードを持って帰ることを断りました。
あなたは時間がないと言います。

それはぼくも同じでした。

あなたが去ったあと、優しい二人の女性は、引越しのことは以前からわかっていたのに、
なぜ新しい飼い主を探そうとしなかったのか、と話していました。

頭を横に振りながら彼女たちは「どうしてなの?」と言いました。

忙しいのに彼女たちはできるだけぼくたちの世話をしてくれました。
もちろん餌は与えられているけど、もうずっと前からぼくは食欲を無くしました。
最初は誰かがぼくの檻の前を通る度に、ぼくは前の方に飛び跳ねました。
あなたの気が変わってまた迎えにきてくれたんだと思い、今の状況が単なる悪夢だと思い、
そしてあなたでなくてもぼくを愛してくれる誰かが来たのだと願いながら・・・
自分たちの運命に気付いていないかわいい子犬たちにはぼくは勝てない、と悟ったとき、
ぼくは奥の角にうずくまり、ひたすら待ちました。

その日の終わりに係員の足音が聞こえ、彼女と一緒に別の部屋に行きました。
とても静かな部屋でした。
彼女はぼくを台に乗せ、ぼくの耳をさすりながら「心配しなくていいのよ」とささやきました。
ぼくの心は今から何が起こるのだろう、と不安でいっぱいになりましたが、安心感さえも感じました。
「愛の囚人」となったぼくは最後の日を迎えていました。
でもぼくは自分のことよりも、彼女のことの方が心配でした。
ぼくがあなたの機嫌がいつもわかっていたように、彼女の気持ちもわかるのです。
彼女の心の重荷は非常に大きいものでした。

彼女は優しくぼくの前足に止血帯を巻きました。
彼女のほおには涙が流れています。
ぼくは昔あなたを慰めるときにもいつもしたように彼女の手をなめました。
それから彼女は慣れた手つきでぼくの静脈に注射をさしました。
チクッとしてから薬が体を流れるのを感じました。
ぼくは眠くなって横たわり、彼女の優しい目を見つめながら「どうして?」とつぶやきました。

彼女に、ぼくの犬言葉がわかったのでしょうか。
彼女は「本当にごめんね」と言いました。
彼女はぼくを抱きしめ、ぼくがもっといい場所、無視などされず、虐待や見捨てられることもない、
この地上とはまったく違う愛情と光あふれる幸せなところに行けるようにするのが
自分の役目だと教えてくれました。
ぼくは最後の力を振り絞って尻尾を一度ふり、ぼくが「どうして?」と言ったのは、
彼女にではないことを教えたかった。
この言葉はあなた、そう、ぼくの愛するご主人さまに向けたものなのです。
ぼくはあなたのことを考えていたのです。
ぼくはいつまでもあなたのことを記憶し、あなたを待っています。

ぼくがあなたを愛したように、
あなたが人生で出会うすべての人から愛されることを願っています。



著者から一言

わたしが「どうして?」を書いたとき涙を流したように、あなたもこれを読んで同じく涙を流してくれたのだとすれば、それは、毎年アメリカとカナダで死ぬ何万匹ものペットたちに捧げられた涙です。

非営利目的であれば、著作権を明記してこの話をぜひ配信してください。

動物保護センターや獣医のウェブサイト、ニュースレターなどで、動物は私たちの愛情と暖かい世話を受ける権利があること、どうしてもペットを手放さなければならない場合、他にいい飼い主を探してあげるのは私たちの責任であること、すべての生命は大切であることを伝えてください。
無意味な殺しを止め、捨てられるペットが増えないようにするためにも、去勢キャンペーンに協力してください。

--------------------------------------------------------------------------------


『どうして?』犬を愛するすべての人へ
ジム・ウィリアムス/原作 石黒謙吾/著


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット

フォトパネル展

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆お知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆1/30まで◆◇


『~ペットは家族 一生一緒~ フォトパネル展 《ありがとう》 "Together Forever』
主催:Animal Protection Club かうぴり

パネル展



2012年1月28日(土曜)~29日(日曜)、さいたま市にあるプラザノース【ギャラリー7】にて、開催いたします。
開催時間は以下のとおりです。

☆1/28(土曜) 午前10時~午後19時
☆1/29(日曜) 午前10時~午後16時30分


展示させて頂くのは「NPO法人ポジティブミーティング」様よりお貸し頂く「フォトパネル」です。
優しさと愛情のあふれる、素敵なフォトパネルです。

まだこのフォトパネル展を観ていない方も、既に一度観た方も、是非お越し下さい。お待ちしております。(入場料無料)

☆プラザノースへの行き方☆

◆電車 ・埼玉新都市交通伊奈線・ニューシャトル「加茂宮駅」下車、徒歩約5分
     ・JR東北本線(宇都宮線)「土呂駅」下車、徒歩約15分
◆バス ・大宮駅東口バスターミナル1番乗り場から、上尾駅東口行き、または吉野町車庫行きバスで15分、
       「北区役所前」下車。
・コミュニティーバス北区役所線「北区役所」下車。※運行は月曜~金曜。(8:00~19:00 1時間に1本程度)
◆自動車 ・JR大宮駅より旧中山道上尾方面に約3km(北区役所交差点右折)

・JR宮原駅より旧中山道大宮方面に約 1.6km(北区役所交差点左折)
駐車場(183台/一般用177台・身障者用6台)
・最初の2時間は無料。2時間を超える場合は、超過時間 30分
         (30分に満たない場合は30分とする)毎に105円加算します。(10円未満切り捨て)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


保護団体の里親募集中の犬猫チラシがおいてあります
・BCRN
・Angel's Tale
・シェルティレスキュー
・ねこひと会
・動物保護団体ダンデライオン
・いぬねこ@森シェルター
・猫のゆりかご
・アニマルプロテクション

どうぞ手にとってご覧ください

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村




テーマ : 里親探し    ジャンル : ペット

飼う理由:小さくて可愛いだけじゃ困る

8週齢規制の話し、動愛法改正で ゆくえが気になる項目です。

古い資料ですが、、環境省から見つけました。
読むのめんどくさいかもしれないけど 読んでみてね

参考資料はコチラ  図解と表 クリックしてね
参考資料1-1 PDF 

幼齢期の動物の販売について
~我が国における子犬(子猫)の販売流通実態について~

平成19年10月16日に行われた中央環境審議会動物愛護部会(第21回)の議事録より
ーーーーーーーーーーーーーーー抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【動物愛護管理室長】 前回の部会でも若干お話が出ましたとおり、幼齢動物の販売の件、それから、特定動物の選定のあり方の件、こういったことが課題になっておりました。
どちらも、まさに、調査ですとか議論を事務局の方でも開始したばかりでありますので、途中経過といいましても、全く不十分ではありますけれども、とにかく、今の段階での調査ですとか議論の状況をご説明、ご報告申し上げます。ご意見等をいただければと思います。

【事務局】 参考資料1-1の幼齢期の動物の販売についてでございます。これまでの調査の途中経過をご報告いたします。我が国における子犬・子ねこの販売流通の実態でございます。
まず1ですが、これは我が国の子犬・子ねこの販売流通経路のパターンでございます。
一番右のブリーダーと輸入業者から飼い主が直接入手するのが[1]の経路でございます。
ブリーダーから販売店が仕入れて販売するルート、これが[2][7]のルートになります。
販売店がオークションを通じて仕入れるルートが[3][4]でございます。
卸売業者を通じて仕入れるルートが[5][6]でございます。
このほか、個人の家庭で生まれた犬・ねこを譲渡されたり、行政や団体から譲渡を受けたり、このほかのルートももちろんございますが、販売という流れで見ますと、おおむねこのようなパターンが一般的ではないかと思われます。次に2は、流通する犬・ねこの数でございます。
まず、全国ペット小売業協会の推計でございますが、ブリーダーで生産される動物の数は、犬・ねこ合わせて約100万頭だそうでございます。
また、外国から輸入される犬・ねこの数、これは動物検疫所の調べでございますが、年間約1万頭というようになっております。
次に3の販売日齢についてでございます。昨年度、全国ペット小売業協会にお願いしまして、扱う動物の日齢についてアンケート調査をしていただきましたところ、(1)の販売店が仕入れる際の子犬・子ねこの日齢の平均が、[4]のオークションを通じて仕入れるルートの場合は、犬で41.6日齢、ねこが44.3日齢でございます。
[6]の卸売業者からの場合ですと、犬で43.3日齢、ねこが43.6日齢、平均ですけれども、この日齢の動物を扱っているということでございました。

(2)ですけれども、販売店ではそうして仕入れた動物を販売する日齢としての平均が、犬では平均60.1日齢で、ねこでは平均62.1日齢の個体を販売しているということがアンケートの結果から分かりました。
続きまして、資料の裏面をご覧いただきたいと思います。
海外の幼齢動物販売についての規制状況を調べた結果の概要でございます。
アメリカ合衆国では、連邦規則としまして、生後8週間以上及び離乳済みの犬ねこ以外の商業目的での輸送や譲り渡しを禁止しておりまして、これによって各州の法律で具体的に規制がかけられておりますが、調べることのできました19の州につきましては、ネブラスカ州の6週齢からペンシルバニア州等3州の7週齢、ニューヨーク州等14州で8週齢以下の幼齢動物の販売が規制されております。
イギリスでは、犬の飼養業の許可を受けている者は、許可を受けている愛玩動物店もしくは飼養業者に対し、生後8週齢未満の犬を販売することを禁止しているようでございます。
ドイツでは、生後8週齢未満の子犬を母犬から引き離さないようにという規定がございます。
スウェーデンでは、犬ねこの販売に関する特別な規則は制定されておりませんが、現在新しいガイドラインが提案されており、犬は生後8週間、ねこは生後12週間以内に母親から引き離してはならないという、こういった内容の提案がされているところでございます。
オーストラリアは、これは州法でございますが、ニューサウスウェールズ州では、8週齢以下の子犬・子ねこの販売を禁止しておりまして、ビクトリア州でも、販売できる最小年齢を8週齢としているようでございます。
以上、大変雑駁でございますが、これまでの調査で分かりました範囲での結果の概要を報告させていただきました。

ーーーーーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーーーー

今から約5年前、初めて幼犬猫の販売調査結果が示されました。

文中にある
「まず、全国ペット小売業協会の推計でございますが、ブリーダーで生産される動物の数は、犬・ねこ合わせて約100万頭だそうでございます。」
これには腰を抜かさずにはおれません
1年間で ですよ

夕べ グキッと腰を痛めましたが、それどころじゃありません

その後、8週齢に関して果たして議論が進んでいったのかどうかは
まだ調べ上げていません。

     アキタ犬


小さい=可愛い
感覚の問題ではそうでしょうね

でも、あっという間に大きくなりますよ
大きくなってからの付き合いの方がずっと長いんです。

小型犬の方が売れ筋だという日本人の感覚やら、住宅事情がある限り
小さくて可愛いものの追求は止まないのかも。

中型犬種も小型化しているのを見るとなぁ。
どんなブリーディングしてるの?って思ってしまいます。


意外と!一般人の本音は、小さくなくてもって思っているかもしれない。
生産者やメディアが勝手に 小さくなければ売れないって作り上げてない?

どっちもどっちかな

最近、なんでも疑う人になっています。。。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



テーマ : 動物愛護    ジャンル : ペット

夜間展示禁止もだけど、昼間ショップの姿勢もね

 
郊外型のスーパーに併設されているペットショップに
スタンプーがいました

だから、大型犬はやめようよってば!

生後3ヶ月のその子犬は 周りの小型犬の数倍もあり
オープン型の展示スペースとはいえ、むくむくで大きな身体をもてあましています。
ぬいぐるみが動いているようで 確かに可愛いです
わたしのハートもやられちゃいました!

おうちが広かったら、もう少し若かったら(自分がね)、しつけにちゃんと通える気力が
あるのなら、なんて全部ないないずくしなので、諦めます。

いい家族とめぐり合ってね と願うしかありません


価格表示のところには、「毛が抜けにくい」って注釈がついてます
だから、どうした!そこが、売りか!って心の中でつぶやいてしまう わたし。

注釈つけるなら、飼い方の基本はもとより
スタンプーに限らず大型犬の場合 あらゆる面でお金かかりますよっ!
トリミング代も高額ですが、大丈夫ですかっ!
って書いて欲しい

数万かかって ほれ このとおり綺麗に
プードル



まぁ ショップ販売で衝動飼いだけはさせないように
売り方考えて欲しい。
 いましたよ、子犬だっこの店員さん 
{抱っこしてもらえたら こっちのものな顔で)
やめれ!ってば。

ブリーダーも心配じゃないんだろうか
あ、売れ残ったらブリーダーが引き取るのかな。
ほぼないでしょうね

いくつかの犬関連サイトには 
本来の里親募集に紛れて、ブリーダーも投稿してますね

もう過剰生産なんだから、やめたら?って思います
だいたい、良心的にブリーディングをしていると 
それだけじゃ食べていけないって 言うじゃないですか

でも生産工場になってるところ 沢山ありますよね




そんな中、環境省ですが

クリックして 読んでみましょう
少しは変わっていくのでしょうか?

動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令等の公布及びそれらに対する意見公募(パブリックコメント)の結果について(お知らせ)
動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令等が本日1月20日(金)に公布されましたので、お知らせいたします。
 また、平成23年11月8日(火)から12月7日(水)までに行った、それらに対する意見募集(パブリックコメント)の結果についても、併せてお知らせいたします



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


テーマ : 動物愛護    ジャンル : ペット

パネル展に里親募集チラシ置きます

トップ記事でお知らせしてますフォトパネル展に保護団体さんの
里親募集チラシを置かせていただくことになりました

<チラシ参加団体>
BCRN
Angel's Tale
シェルティレスキュー
ねこひと会
動物保護団体ダンデライオン
いぬねこ@森シェルター
猫のゆりかご
アニマルプロテクション


一度は、ペットとして家族と暮らしていたはずの犬猫たち
もう一度、あたたかい家庭に迎えられるよう ひとりでも多くの方に知って頂きたいと思っています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


テーマ : 里親探し    ジャンル : ペット

しゃべる犬?

今年もよろしくお願いします

新春一発目は 楽しくてcuteな動画から






これは、Talkinganimalsってサイトのもので
ここは、Tシャツなどグッズを販売していて
売り上げはすべてカナダのSPCAに寄付されるという

海外では 寄付のアイデアが色々あるようで
気軽に楽しく参加できる○○コンテストが
ドッグショーでも行われていて参加費が寄付になるという(渡英した人からの情報)
そうそう、ドッグショーでも保護団体のブースがあるもんね

日本は これから・・・ですかね



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村










テーマ : 動物愛護    ジャンル : ペット

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Kei&Nin&Poku

Author:Kei&Nin&Poku

お申込み
「Palette譲渡会とは」をお読みになり
同意されるボランティアの方であれば
どなたでも参加できます
バナー作りました!
ご自由にお持ち帰り下さい


twitter
フォロー、お願いします♪
ボランティア団体様
    

    

    

    

    

    

    

   

   

   

   

   
ご協力リンク
ご支援頂いているフード屋さん♪
LONELY PET
里親募集情報、検索サイトです
ロンリーペット
ポチっと!
メールはこちら♪
お気軽にお問い合わせ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login